2009年09月28日

因縁の対決

不動とシアターでクライミング。

今日はあんまり無理しないグレードにとりつきました。

「石中魚 5.7」 RP

「マイちゃん 5.6」 RP

「ジュピター 5.7」 OS

因縁の石中魚に初リードトライでRP出来てかなり嬉しいです。

なんか久々に登ってみるとホールドありまくりでこの前までなんで登れんかったん?って感じでした。

今日は今度沢に行くってことで1回生のF君も一緒でした。

やっぱり同級生はいてくれた方が楽しいです。

早く10台は全部リードできるようになって同級生を連れだしたいです。

てことで目標!

10月は5.10aを3本RPする!

DSCF0054.JPG
posted by だちょー at 01:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リードクライミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

シラクラ

シラクラまでクライミング合宿に行ってきました。

ちょうどいい気温でなかなかのクライミング日和でした。


んで成果↓↓

「真っ黒クロスケ(5.10a)」 OS

「私は大女様(5.10a)」 RP


とりあえず補足説明。

※OS(オンサイト)
目標のルートについて情報をもたないまま最初のトライで完登すること

※FL(フラッシング)
他者の登る様子を事前にみたり情報を仕入れてから、初めてのトライで完登すること

※RP(レッドポイント)
一回以上のトライ失敗ののちに完登すること

※WP(ホワイトポイント)
トップロープで完登すること


つまり、OS>FL>RP>WPの順に価値がある。

OSとかFLはそのルートにつき1回しかチャンスがないからかなりムズイ。

「完登」ってのはノーテンション=ロープを張ってもらうことなく(もちろん落ちたらアウト)終了点まで登りきること。

「トップロープ」は予めルート最上部の強固な確保支点に通した確保用のロープで安全を図りながら登る登り方。いつ落ちても安心できる一方で、これだとRP以上にはならない。

RP以上のためにはクライマーがロープを自らルート途中の確保支点にセットしながら登る「リードクライミング」で登らなくてはならない。ただしこの登り方はある確保支点より上にいるときに落ちるとその支点より登っていた分だけ落ちる。支点間隔が広いときはめっちゃ怖い。。


5.10a(テンエー)ってのはルートのグレード。

5は「手を使う岩登り」のことで、「.」以下の数値と記号の組み合わせで難度をあらわしている。

5.10aはまだまだ初心者ってことです 笑

ちなみに現在の世界最難ルートは5.15bらしいです。


ところで、クライミングやってるとみんなに「危なくないの?」って言われるけど、そりゃ絶対安全ってわけではないと思います。

リードの1ピン目をとるまでに落ちたらグランドフォールするし、落ち方が悪かったら岩に激突したり頭から落ちたりするからね。

相方であるビレイヤーを信頼できないと怖くてやってらんないし。

でも、どんなスポーツにもリスクはつきものだし、安全確認をしっかりやっとけば事故なんてほとんど起こりません!

すり傷は絶えないけど。

ゆーてクルマ運転する方がよっぽど危ない気がします 笑


何回も失敗してやっと登れたときの頂上からの景色はマジでさいこーですよ。
posted by だちょー at 23:02| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リードクライミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。